とりうみ動物病院 院長より

とりうみ動物病院について

 当院は昭和52(1977)年に鳥海獣医科病院としてオープン致しました。
設備の拡充、スタッフの増員等により、手狭になったため平成15年4月に現在の場所に再々度移転しました。それを機に病院名を「とりうみ動物病院」とし改称し、充実した病院として再スタート致しました。場所は小田急線・伊勢原駅南口より平塚方面に向かい、徒歩7分の幹線道路に面した便利な場所です。
病院は以前の2倍以上の診療面積を有する広々とした院内スペースと、9台が駐車可能な駐車場を隣接して備えております。また道路の向かい側にも駐車場を用意しております。
院内には、ゆったりとした広い待合室があり、動物同士があまり接近し過ぎないように配慮致しました。2つの診療室、処置・手術室、トリミング室等があります。入院室は2区画あり犬用と猫用に区分してあります。院内にはデジタル・レントゲン装置、超音波診断装置、動物用内視鏡装置、眼圧測定器、ICU装置、心電計、血液計数器、血液生化学検査機器(2台)、尿性状検査機器、CRP測定装置、顕微鏡、動物用血圧計、半導体レーザーメス、高周波電気メス、超音波メス、近赤外線治療器、電気鍼灸治療器、吸入麻酔器、生体監視モニター、歯科装置、薬剤分包器等が設備されており、また夜間の観察用のモニターカメラを設置しており、安心・安全で充実した診療を行なえるよう設備を整えております。

常に学び続けることが信条です

 私は大学卒業と同時に獣医師免許を取得し、その後研修を終え、1977年に開業し、仕事が何とか軌道に乗ってきた30歳の時に、診療の傍ら、もう一度、母校日本大学の獣医学研究科の研究員として在籍し研究活動を続けました。
 この間にJournal of veterinary medical scienceやJournal of reproduction and development 誌等に延べ11編の学術論文を投稿し掲載され、また国内外をはじめ30数回の学会発表を行いました。これらの学術業績に対し2004年3月に日本大学より博士(獣医学)の学位を授与され、 2005年より現在も日本大学の非常勤講師を委嘱されており、獣医臨床繁殖学の講義を担当しております。若いエネルギッシュな学生との触れ合いは自分自身にとってもかなり良い刺激になります。
また『獣医繁殖画像診断(学窓社2007年発刊)』 という専門書の執筆者の一人でもあります。また2015年9月開催された日本獣医学会(関東・東京地区)において発表した演題に対し学会長賞を受賞致しました。院内では定期的にスタッフの技術向上のために講師を招き院内セミナーを実施しスキルアップを目指しています。

飼主様の安心のために

 さて現在、当院には院長を含めて5名の専任獣医師と6名の動物看護士・トリマーが勤務しております。 皆それぞれ経験豊富でなによりも勤勉で、動物好きで優しいスタッフばかりです。病院は9時から19時までを診療時間としており、午後の13時から16時はほぼ毎日のように手術や詳しい検査の時間としております。 日曜・祝日も12時まで診療しております。原則として休診日はありません。時間外の診療も可能な限り対応しております。
 また夜間診療は、我々の獣医師会の仲間で設立し、当院も出資しております平塚の夜間救急動物医療センター「ニーメック」【電話0463-59-5900】にて、365日(PM9時から翌朝6時まで)対応できます。最愛の飼育動物がいつ具合悪くなっても慌てずに安心して受診していただけるよう、連携した診療体制を整えてあります。
 いざ病気になってしまった時の治療はもちろんですが、「わんわんドッグ」、「にゃんにゃんドッグ」といった健康診断やフィラリア検査+健康診断メニュー等だけではなく、日頃から予防に取り組みやすくしていただくため、予防薬関連も安心して継続できるようにお求めやすい料金にしております。 不妊手術や去勢手術はもちろん腫瘍手術、その後の抗癌剤治療等で飼い主様とのインフォームドコンセントを十分に重ね、飼主様の要望を十分に満たすように心掛けております。

 当院では美容(要予約)も行っております。スタッフが皮膚や耳等をはじめ健康状態に常に注意をしながら丁寧にシャンプーやグルーミングを実施しており大変好評を得ております。

特徴的な診療

 当院では、犬・猫の診療がメインですが、一般診療、外科手術はもちろんのこと、下記診療についても積極的に取り組んでいます。

外科手術

  • 手術は午後の時間(13:00〜16:00)にほぼ毎日のように行っております。事前検査を実施した上での要予約となります。
  • 不妊・去勢手術をはじめ体表・腹腔内の各種腫瘍摘出、生殖器、泌尿器の手術、骨格、関節等の運動器等の手術など多岐にわたる症例を多数治療しております。また、腫瘍手術後の抗癌剤治療等も飼い主様に十分な説明の上、積極的に実施しております。毎年約300頭の手術を実施致しております。そのために高周波電気メス、レーザーメス、超音波メス等の機器を用意しております。
  • 内視鏡を用いた消化器系の診断や処置も実施しております。内視鏡を用いることによりお腹を切らずにできる処置や検査がかなり多くあります。また消化器(胃や腸管)の組織の一部を採取し病理検査に廻し的確な診断を付けることができます。大型、小型動物に適したスコープを用意しております。

臨床繁殖

  • 犬の繁殖を目的とした交配適期の確認のためのスメア検査を実施しています。
  • 精度の高い診断のために血中ホルモン値を測定し排卵や交配適期を診断します(年間100頭以上実施しています)。
  • 不妊症治療のためのホルモン療法や人工授精を応用しています。この分野では県外を含めかなり広域からオーナー様が来院され高い成功率を収めています。

画像診断

  • 最新型の高機能な超音波診断装置を導入しほぼルーチンに各種診断に取り入れており治療方針の策定の判断にしております。またデジタルX線装置を用い被爆量を少なくなるように心がけております。

予防医療を重視しています

  • 体調を崩してからの治療だけでなく、予防に重点をおいた体調管理を飼主様に提案して予防医療に心がけております。診察だけでなく飼育相談にも適切に対応しております。
  • 口腔内の歯石除去処置はもちろん抜歯、歯髄切断・修復(覆髄)法、根尖膿瘍(こんせんのうよう:歯根の先端が化膿する疾患)等の処置などを実施しています。また歯科予防にも重点を置いております。

※当院で対応不可能な場合は飼主様と相談の上、専門医のいる更に高度な医療機関をご紹介させていただいております。いつでも飼主様の気持ちを大切に対応させていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

とりうみ動物病院
院長 鳥海 弘
診療時間(休診日無し)
月〜土曜日9:00〜12:00 16:00〜19:00
日・祝日9:00〜12:00
手術・往診 月〜土曜日13:00〜16:00
夜間救急(休診日無し)21:00〜6:00
※夜間診療は当院出資の夜間救急動物医療センターでの対応となります
夜間救急動物医療センターについてはこちら
▲ページTOPへ